News

お知らせ

営業を開始しました

営業開始いたしました。
本日から「水谷章人 フランツラウター写真展」の展示が始まります。
北信濃での水谷章人氏スキー写真展は、はじめての企画です。どうぞ、この機会にご観覧ください。

【水谷章人 フランツラウター写真展~追憶の一枚~】
1970年代、彼らがシャレー志賀で出会ったことで、日本のスキー界もスキー写真も、更にはスポーツ写真界も変わっていきました。あれから50年を経て、二人の志賀高原での再会がこの企画を生み出しました。水谷とラウタ―の思い出の一枚、スキーが一番熱かったころの貴重な作品21点を展示いたしました。どうぞ、ご覧ください。

▼日程:2021年12月1日(水)~2022年2月28日(月)
▼場所:志賀高原フォトグラファーズセンター ギャラリー Subalpin シュバルパン
▼営業:OPEN:9:00~17:00
▼休館:なし
▼料金:1,000円(但し、フォトグラファーズセンター利用料として頂戴するため施設を1時間ご利用いただけます)▼水谷章人 プロフィール
1940年長野県飯田市生まれ。1965年東京綜合写真専門学校卒業。卒業後山岳写真の撮影を始め、後にスキー写真、ワールドカップの撮影等で活躍し、以後、国内屈指のスポーツ専門のフリーランスカメラマンとして活躍、現在に至る。写真集・個展多数。

1981年第12回講談社出版文化賞、2002年藤本四八賞受賞、2007年日本写真協会賞作家賞、2012年ヤマハ発動機スポーツ振興財団スポーツチャレンジ賞功労賞受賞。現在、日本スポーツ写真協会会長、日本写真家協会監事、日本写真著作権協会幹事、日本写真協会会員、国際スポーツプレス協会会員等。

2000年から、若いスポーツ写真家育成のために、プロ育成・実践セミナー「水谷塾」の講師を務める。過去、水谷塾からは数多くのプロスポーツ写真家を輩出している。

お問合せ

Inquiries
Inquiries